スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

腰椎椎間板ヘルニアの予防・検査・治療について

椎間板ヘルニアの予防について

腰椎椎間板ヘルニア予防するにあたり、
普段の生活習慣を改める必要性があります。

それは「椎間板ヘルニアの原因は」書きましたように、
姿勢の悪さが腰椎に多大な負担をかけてしまうことがあるからです。

そして、運動をしないことから、
おこる筋肉の衰えも見逃すことはできません。

筋肉は、背骨を支えたり、
関節の動きを作る大切なものです。

最近では、デスクワークの方が増えてきています。

それだけに、適度に体を動かし、筋肉を衰えさせないことが、
良い姿勢の維持や、姿勢を衰えさせないことに繋がると考えられます。

そう考えると、悪い姿勢を調整、矯正してもらえる、カイロプラクティック整体などの各種療法を適切に利用することも、姿勢を維持予防する手段として効果的なのかもしれません。


ヘルニアの検査について

腰椎椎間板ヘルニアの治療の説明を行う前に、
今の腰の状態がどのようになっているのかを検査をして知ることが大切なこととなります。

検査方法としては、

レントゲン(X線検査)
MRI
ミエログラフィー
CT検査

などがあげられます。
(ただし、レントゲンではヘルニア自体は写りません。が、骨の変化をみるのに有効です。)


治療について

治療は保存療法と手術に分けることができます。

保存療法とは
保存療法とは手術をしてヘルニア自体を取り払うのではなく、
ヘルニアを残したまま、投薬や、その他の方法(療法)を使うことを指します。

椎間板ヘルニアの治療は、
その度合いにもよりますが、まず、保存療法というのが基本です。

痛みには鎮痛剤
牽引治療やや温熱療法等があります。

腰を安定さす為に
コルセットを併用することもあります。

また、神経ブロック注射
適応とされることがあります。

状態にあわせて、
神経根硬膜外へブロック注射をしていきます。


ヘルニアの手術について

緊急を要するヘルニアには手術を施す必要もあります。

最近では、内視鏡を使った手術もあり、
従来のものと違い傷口が少なかったり、体への負担が、考慮された方法で手術を行なう整形外科もあります。

手術の特徴としましては、
内視鏡を使い、レントゲン等で患部を確認しながら、
レーザーラジオ波鉗子でヘルニアを神経に触れずに手術することできるというものです。(手術の時間は1時間程度)

スポンサーサイト

椎間板ヘルニア トラックバック:- コメント:-

| 腰痛の原因と対策辞典TOP |

| このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。