スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

椎間板ヘルニアの病態について

椎間板ヘルニアの椎間板とは何か?

椎間板とは、背骨(脊椎)の
椎骨と椎骨の間にあるクッションの役割をはたしているものです。 

椎骨とは背骨の関節を形成している骨のことです。

椎骨は大きく分けて、
後ろ側と横に突き出た突起(棘突起と横突起)と前にある円形の骨(椎体)に分かれてます。

その前の円形の骨の間、
上下で椎体と椎体との間にあるのが椎間板です。

椎間板は、中央にゼラチン状の中心核(髄核)と、
その周囲にはコラーゲンを豊富に含む線維輪から形成されます。


椎間板はどんな役割をしているのか?

前記したように背骨(脊椎)が
柔軟に動く時のクッションの役割をはたしています。


椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアの
もう一つの呼び名は、椎間板障害といいます。 

椎間板ヘルニアとは、
(ヘルニア)=突出したという意味です。 

椎間板は背骨(脊椎)の
椎骨と椎骨の間であればどこの部分にもあります。 

腰の背骨(腰椎)で、
椎間板がヘルニア(突出)されれば腰椎椎間板ヘルニア

首の背骨(頸椎)で
ヘルニア(突出)されれば、頸椎椎間板ヘルニアとなります。 

その飛び出した椎間板が後ろを通る脊髄神経
圧迫することで痛み(腰痛)痺れになったものことを指して、椎間板ヘルニアと言います。

スポンサーサイト

椎間板ヘルニア トラックバック:- コメント:-

<< 椎間板ヘルニアの原因は | 腰痛の原因と対策辞典TOP |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。