スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

腰椎椎間板ヘルニアの症状について

椎間板ヘルニアになるとどんな症状?

腰椎(背骨の腰部)の椎間板が
ヘルニア(突出)をおこすとどんな症状が出るのでしょうか? 

まず、「椎間板ヘルニアの原因について」でもお話いたしましたように、
飛び出た椎間板が後を通る脊髄神経接触して、痛みや痺れに進みます。

脊髄神経は上から背骨の中を通り、
仙骨骨盤から足のほうに向かって伸びている神経です。 

ですので、腰椎椎間板ヘルニアの症状の特徴は、
腰周りからした坐骨(お尻)~太ももの裏~足にかけて痛みが広がったり、痺れが広がったりとするほうが多いのです。


坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)など下肢への痛みや痺れ

よくある症状は
坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)。

必ずでるというのではないのですが、
文字どうり、坐骨の神経を圧迫することが多いことから、この坐骨神経痛が見られます。

また、足の両側に神経が通り下に向かっているのですが、
ヘルニアの大きさに圧迫も左右され大きいものでは、足の両側に、通常では片側への神経痛が多く見られます。

痛みの幅は広く、
地を這うほどの激痛から、ジクジク、ジワジワと痛むものまであります。 

椎間板が脱出したものでは痛みが強いのですが、
しびれ感覚が鈍るというような症状のほうが強い時があります。


ヘルニアがおこりやすい腰椎の場所は?

ヘルニアが
起こりやすい所として腰椎の4番と5番に多いです。 

また、腰椎の5番と仙椎
(仙骨の一番上)にも発生しやすく多いです。

これは、上体の重みが脊椎と骨盤の間の4番と5番の
腰椎に集中した負担がかかり、疲労が蓄積されやすい為です。


その他の症状

歩いただけで腰から下にかけて痛みがおき歩けない
排便時、いきむと痛みを伴う
咳・クシャミをしたら腰から下にかけて激痛が走る
前かがみの姿勢で痛みがきつくなる

などがあります。

スポンサーサイト

椎間板ヘルニア トラックバック:- コメント:-

<< 腰椎椎間板ヘルニアの予防・検査・治療について | 腰痛の原因と対策辞典TOP | 椎間板ヘルニアの原因は >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。